イージーソフト 経費精算システム「eKeihi」がJIIMA「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得


経費精算システムのパイオニアであるイージーソフト株式会社(神奈川県相模原市中央区、代表取締役:山本覇利努)は、2021年11月24日、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)(東京都千代田区、理事長:勝丸泰志)が認証する「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得しました。

■JIIMAの電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度について
1998年に制定され、2年後の2000年に改正された「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法の特例に関する法律(電帳法)」により、一定の要件の下にコンピュータ作成の帳簿書類を電子データのままで保存することや、紙の書類をスキャニングして電子データとして保存する(スキャナ保存)ことが認められるようになりました。このスキャナ保存を行う市販ソフトウェアが電子帳簿保存法の要件を満たしているかをJIIMAがチェックし、法的要件を満たしていると判断したものを国税庁公認の第三者機関としてJIIMAが認証するものです。

「eKeihi」は2010年に日本で初めて、パッケージソフトとして電子帳簿保存法に対応したシステムで10年以上の実績を誇ります。当時からずっと電子帳簿保存法の「スキャナ保存」要件に対応しており、法改正やお客様のご要望に合わせた継続的なバージョンアップを繰り返し、多くのお客様に評価をいただいて参りました。この度、JIIMAの認証を取得したことを受け、既存のお客様におかれましてはより一層、安心してご利用いただけるものとなり、またこれから電子帳簿保存法対応システムの導入を検討されているお客様におかれましても、安心して導入いただけるものと自負しております。




■経費精算システムeKeihi

eKeihi は、社内で発生する様々な経費(交通費、出張費、会議費、交際費など)の申請~承認~支払処理の電子化、一元管理を実現する経費精算システムです。クラウド版とパッケージ(オンプレミス)版の両方を提供しており64万ユーザー/2,600社超の導入実績があります。ユーザーの使いやすさに定評があり、例えば、経費精算に必要な項目に対して入力制限をかけることで人的ミスの削減や不正経費の支出の抑止などを実現し、申請者、承認者、経理担当者の業務負荷を大幅に削減し、ペーパーレス化、テレワークを促進します。
https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

お問い合わせ・資料請求
https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/request/

30日間無料トライアル
https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/demo_request /


■イージーソフトについて
イージーソフト株式会社は、2000年に独立系IT企業として設立し、経費精算システムのパイオニアとして自社開発ソフトウェア製品の販売とサービスを提供しています。長年培ってきたノウハウと業界最先端のテクノロジーを活用したシステム、手厚いサポート体制により、お客様の業務効率化を実現し、発展に寄与します。
https://www.ezsoft.co.jp/company/