ジョルダン「乗換案内」アプリ 公共交通オープンデータを活用した西武バスのリアルタイム混雑状況を提供

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和、以下ジョルダン)は、12月6日より、iOS/Androidアプリ「乗換案内」にて、 公共交通オープンデータを活用した、西武バスの「バス混雑状況」 の提供を開始しました。

 

 「乗換案内」アプリでは、公共交通オープンデータを活用して、これまでに「列車遅延情報」 「バス接近情報」「バス混雑状況」といったリアルタイムな運行状況の情報提供を行っております。

 

 今回新たに、西武バスの「バス混雑状況」が公共交通オープンデータとして配信開始されたことに伴い、「乗換案内」アプリでも「バス混雑状況」に対応しました。「バス混雑状況」では、現在運行中のバスの車内の混雑状況を、バス接近情報とともにリアルタイムに更新して案内します。これにより、利用者は「乗換案内」アプリの検索結果から直接、いまから乗車予定のバスの混雑状況を確認できるようになります。(混雑状況の提供は西武バスの一部の便が対象となります)

 

 バスは鉄道と比較して道路状況や乗客の集中による遅延が発生しやすく、また遅延している便では さらに多くの乗客が集中する傾向にありますが、あらかじめバスの接近情報と混雑状況を確認することで、 「1本待って次の空いているバスを待つ」など、混雑度の高いバスの利用を避けることができます。

 

 ジョルダン「乗換案内」では積極的にオープンデータの利活用を行うことで、より多くの公共交通の利用者が、「あらかじめ列車やバスの時刻を調べる」だけでなく、「移動中の最新の運行状況や混雑状況」を確認でき、より快適で安心な移動ができるよう、サービス拡充を進めていきます。

(※) 「バス接近情報」「バス混雑状況」は、公共交通オープンデータ協議会が運営する「公共交通オープンデータセンター」にて提供されているバスロケーション情報に基づきます。

(※)本サービスは無料で月10回まで利用できます。Plusモードでは回数制限なく利用できます。