「物流センター横浜金沢」、本日オープン -SBSグループ初!最先端の物流DXとなる大型3PL拠点-

SBSリコーロジスティクス株式会社(社長:若松勝久、本社:東京都墨田区)は、
本日、「物流センター横浜金沢」(神奈川県横浜市金沢区、延床面積:53,828m2、以下「本施設」)を開所しましたのでお知らせいたします。
                          ◆
本施設は、株式会社大塚商会様のオフィスサプライ通販事業「たのめーる」の3PL業務を中心に、当社の関東エリアにおける物量伸長に対応するために新設いたしました。施設建設はSBSロジコム株式会社が手掛け、SBSグループ間シナジーを活かしたプロジェクトとして約2年をかけて取り組んでまいりました。

開発コンセプトは「自動化・省人化・省スペース化」。当社の強みであるLT(Logistics Technology)と IT(Information Technology)を駆使し、最新・最先端のシステムやマテハン設備を設計・開発しました。従来の保管機器と比較して3倍以上の収納力を持つロボットストレージシステム「オートストア」を2基採用するほか、デジタルピッキングシステムの拡充、自動梱包機、シャトルラックなど自動化設備を随所に取り入れております。また、AI・ビッグデータを活用したサポートシステムとの融合により、自動化・省人化の追求と保管効率の向上を実現します。


本施設は免震構造を採用し、非常用自家発電装置とネットワークとシステムの二重化など最新のBCP機能を完備。また、全館にLED照明および自家消費型太陽光発電装置(2022年1月完成予定)を設置しました。有事に強く作業する方に優しい、安心・安全かつ環境に配慮した物流の実現を図っています。

SBSリコーロジスティクスグループは、当施設を代表とする最新のシステム・マテハン設備とセンター運営力を的確に組み合わせることで高品質かつローコストオペレーションを実現し、今後も更なるお客様サービスレベルの向上につなげていきます。
                                         以上

■ご参考
<センター概要>
名称 物流センター横浜金沢
住所 〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦1-3-3
構造 地上4階/耐火建造物/RC+S造/免震構造
敷地面積 26,612m2(8,050坪)
延床面積 53,828m2(16,283坪)
梁下有効高(倉庫天井高) 5.5m
床荷重 1.5t/m2
トラックバース 大型車両 37車 着車可能
搬送設備 貨物用EV(5.1t):4基、垂直搬送機:4基
<SBSリコーロジスティクス株式会社 概要>(2020年12月期時点)
本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
代表者:代表取締役社長執行役員 若松 勝久
設立:1964年2月
親会社:SBSホールディングス株式会社(持株比率66.6%)
資本金:4億48百万円
売上高:719億円(連結)
従業員数:3,619名(連結)
関連会社:SBS三愛ロジスティクス(株)、(株)ジャス、
RICOH LOGISTICS Corp.[USA]、RICOH INTERNATIONAL LOGISTICS(H.K) Ltd.[香港]、
理光国際貨運代理(深圳)有限公司[中国]、SBS Logistics (Thailand) Co., Ltd.[タイ]、
SBS Vietnam Co., Ltd.[ベトナム]
事業内容:精密機器メーカーの物流企業として創業以来、グローバルロジスティクス企業として発展。調達・生産・販売・回収リサイクル・包装設計・国際物流と、全領域の物流をワンストップで提供しています。IT・LT(Logistics Technology)を融合させ、安心・安全・確実な物流サービスでお客様の信頼にお応えします。

URL:https://www.sbs-ricohlogistics.co.jp/

■本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
SBSリコーロジスティクス株式会社
経営企画本部 コーポレートセンター 総務部
TEL:03-4214-5500/e-mail: SGID00000049@rlsc.sbs-group.co.jp

※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更することがございますので、あらかじめご了承ください。