オン・オフ着回しできる仕事服コーデを提案 女優・モデルの飯豊まりえさんをブランドアンバサダーに起用

等身大の姿でいる秘訣は“前向きな気持ちとリラックスする時間を大切に”

青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山 理(おさむ))は、「ザ・スーツカンパニー」の21年秋冬ブランドアンバサダーに女優・モデルとして活躍する飯豊(いいとよ)まりえさんを起用します。9月24日(金)から公式SNSを中心に公式サイト内の特設ページや店頭ビジュアルなどの各種コンテンツに順次登場します。

今回ブランドアンバサダーに就任いただく飯豊さんは、女優・モデルとして活躍しながら、その等身大の姿と身近に感じられる親しみのある雰囲気からザ・スーツカンパニーのメイン客層である20~30代の働く女性から高い人気と共感を得ています。飯豊さんを起用することで、オン・オフで着回しができる仕事服のリアルなスタイリングを表現していきます。

飯豊さんが登場する公式SNSや公式サイト内の特設ページでは、秋冬シーズンにニーズが高まるセットアップスーツの幅広いコーディネートを中心に、オフィスカジュアルの着こなしやオフ使いもできる着回し力の高さを訴求します。また、トレンドを取り入れたスタイルとして、トップスとボトムスが一体となったコンビネゾンやサスペンダー付きのボトムス、気になるヒップや太ももあたりにゆとりを持たせ裾にかけてすっきりとしたシルエットのエッグパンツなどを提案していきます。

各コンテンツでは、季節に合わせたコーディネートやアイテムの着回しなど多くのスタイリングとともに、それぞれのカットで見せる飯豊さんの表情にも注目です。その他、「スーツを着た時の印象」「いつもハッピーオーラを出せる秘訣」などを伺ったインタビュー動画も制作しました。

◇特設ページ
秋Ver.1 https://www.uktsc.com/cont/special/ladies2021autumn_01/
秋Ver.2 https://www.uktsc.com/cont/special/ladies2021autumn_02/

■スタイリング例

■飯豊まりえさんインタビュー

Q.スーツを着た時の印象など教えてください
日常でスーツを着てお仕事に行くことはないんですが、今日たくさん着た中で襟があるなしでマニッシュな感じだったり、スカートも丈によって上品だったりかわいらしかったりするので、いろんな形がこんなにあるんだなと驚きました。スーツを着て仕事をする方が羨ましくなりました。

Q.今後挑戦したいことはありますか?
お仕事は目の前にあるものを充実させていきたいなと思います。プライベートではパーソナルトレーニングをしているので、自宅でも運動をできるように装備を揃えていきたいですね。

Q.おすすめのおウチ時間は?
家で過ごす時間が増え食事にこだわるようになりました。お茶が大好きでお茶をたてたり、自分の好きなことをする時間を増やすために、台本は仕事の合間に覚えておウチはリラックスする時間と切り換えるようにしています。

Q.いつもハッピーオーラを出せる秘訣は?
言霊はあると思っていて、自分が発したことでそのテンションになる気がします。常に楽しめたらいいなと前向きな気持ちでいると仕事を楽しめたり、不安な時ももしかしたら良いことがあるかもと時めきを探していると自然に良いことが起こるんじゃないかと思っています。

■タレントプロフィール

飯豊まりえ(いいとよ・まりえ)さん
1998年1月5日生まれ、千葉県出身。
2012年の女優デビュー後、数多くのドラマ・映画に出演。
2018年に放送された連続ドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』では主人公の恋敵“メグリン”を好演し一躍注目される。
ABEMA『僕だけが17歳の世界で』では3日間で総視聴数100万視聴を突破し第3話の初日視聴者数が番組最高を更新。
NHK三夜連続ドラマ『岸辺露伴は動かない』では泉京香役を演じて解禁されたビジュアルが原作にそっくりだと話題になる。
主な作品としては、映画『暗黒女子』、『いなくなれ、群青』、『シライサン』、NHK連続テレビ小説『まれ』、CX系『好きな人がいること』、EX系『家政夫のミタゾノ第4シリーズ』、TBS系『そのご縁、お届けします』、NTV系『君と世界が終わる日に』、TX系『ひねくれ女のボッチ飯』など。
2022年度前期連続テレビ小説『ちむどんどん』が控えている。
『Oggi』専属モデル、『MORE』レギュラーモデル。