瀬戸内海に面した歴史ある街の空き家を再生したリノベ事例「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020古民家再生リノベーション賞」を受賞

G-FLAT株式会社(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役:山野 大祐・鈴木 美穂、以下「当社」)は、当社が施工した兵庫県高砂市の古民家リノベーション事例が、一般社団法人リノベーション協議会が主催する「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020」の「古民家再生リノベーション賞」を2020年12月10日(木)に受賞しました。当社は「古民家リノベーション」を通じて、地域活性化と空き家対策に繋がる活動をしています。昔人が想いを込めて作った古民家が次々と取り壊されていく現代で、新しい価値を見出し、次の世代へと引き継ぐことのできる当社の「古民家リノベーション」が認められ受賞できたことを嬉しく思います。今後も当社は、より一層古民家の価値が見直され、新たな住まい手が現れることで空き家問題の解決、さらには地方の過疎化問題の解決に向けて貢献してまいります。

「和×バイク×猫」をテーマとした古民家リノベーション

古民家再生リノベーション賞を受賞した「『おばあちゃんの家みたい!』が一番の褒め言葉」紹介ページ: https://www.renovation.or.jp/app/example/3403

<リノベーション・オブ・ザ・イヤー2020」とは>

リノベーション・オブ・ザ・イヤーとは、1年を代表するリノベーション作品を価格帯別に選別するコンテストです。900社超のリノベーション協議会加盟企業の施工事例から選び抜かれた優秀作品からリノベーションの最先端がわかります。価格帯別に選別することでリノベーションの魅力や可能性を知るだけでなく、実際の家づくりの参考にもなっています。

URL: https://www.renovation.or.jp/oftheyear/

■受賞理由~温故知新~

とてもあたたかさの残る古民家リノベーションであり、これからの未来性も感じられることが評価されました。近年問題となっている空き家対策や、マイホームを持ちたい若者が増えている現代と上手くマッチしたことから受賞につながりました。

■受賞した事例について

「『おばあちゃんの家みたい!』が一番の褒め言葉」写真(1)

瀬戸内海に面した、景観形成地区に指定される歴史ある街で長らく空き家になっていた築年数不明の古民家をリノベーションしました。

印象的な外装は焼杉張りで、その街並みの風景や住宅の格子とも良い雰囲気でなじむように仕上げました。

元々あった和室は玄関とひと続きの土間にし、趣味のスペースに。古民家の雰囲気と趣味を融合させた家づくりを実現しました。家の中のいたるところにある昔ながらの引き戸や格子はそのまま残すことで、日本家屋ならではのレトロな魅力を放っています。

古民家の特徴を活かしながら自分たちの暮らしや好きなものを融合させた家は、県内外から訪れる友人たちを魅了して、この街へ遊びに来たくなるきっかけへとつながっています。

「『おばあちゃんの家みたい!』が一番の褒め言葉」写真(2)

建物  :戸建て

面積  :156.8m2

間取り :4LDK+WIC

築年数 :不明

施工費 :2,460万円(税込)

設計期間:2ヵ月

施工期間:3ヵ月

家族構成:ご夫婦+猫2匹

受賞部門:1,000万円以上の部

■会社概要

社名  : G-FLAT株式会社(ジーフラット)

所在地 : 〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通3丁目9-1

代表者 : 代表取締役 山野 大祐 鈴木 美穂

設立  : 平成19年3月11日

事業内容: 住宅・商店建築の企画、設計、施工/リノベーション/新築/

      インテリアショップの運営/ネットショップの運営/

      不動産の売買、仲介

URL   : https://g-flat.co.jp/