大衆ホルモン・やきにく煙力、コロナ禍でも出店拡大!新たに「伏見店」が2021年2月1日にオープン!

さらに今春にFC2店舗の出店も決定

名古屋市を中心に焼肉店を経営する株式会社CREAFE(代表取締役:宇佐美 祐介)は、2021年2月1日に大衆ホルモン・やきにく煙力 伏見店をオープンいたします。

煙力 伏見店

■店舗概要

大衆ホルモン・やきにく煙力 伏見店

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄2-2-34 蒼園ビル

営業時間: 16:00~24:00

      (時短営業申請に伴い変更される場合がございます。

      詳しくはホームページよりご確認ください)

定休日 : 月曜日

URL   : https://www.kemuriki.jp/

■地域密着型のどこか懐かしい大衆焼肉店として多くのお客様から支持を獲得

1人前680円(税抜)で10枚のボリューム、独自製法でとろとろ食感を実現した名物「煙力とろタン(R)」のお値打ち感、昔からある地元の大衆焼肉店を思わせる「モクモクの店内」、280円(税抜)からご注文いただける新鮮なホルモン。

この3つの要素が多くのお客様に支持され、地域密着経営の実現に成功。コロナ禍で厳しい外食業界の中でも、出店拡大を継続することができております。

■ロードサイドに続き、ビジネス立地での展開

昨年9月にFC店舗として出店した岐阜茜部店は、これまで繁華街型、駅前型の業態であった煙力の初の挑戦となるロードサイドでの出店でした。

現在の厳しい外食環境の中、こちらはオープンから3ヶ月の平均月商が750万円(86席)と好調に推移。煙力業態の出店可能範囲の拡大に成功したと考えております。

煙力業態のさらなる汎用性の高さを確認すべく、今回の伏見店は住宅地商圏での出店でございます。今回の出店に成功することにより、繁華街、駅前、ロードサイド、ビジネス立地とほぼ全ての商圏において成立することの証明になると考えております。

■同一の立地でなく、様々な立地での出店にチャレンジする理由

現在、新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店経営者が苦戦しており、休業、撤退に追い込まれています。特にアルコールを主とする居酒屋業態はこれまでにない窮地に直面していらっしゃいます。また、そうした立場の経営者の選択肢は限られております。

様々な立地での出店にチャレンジする理由は、「煙力業態」をそうした状況を打破するための選択肢の一つとして捉えていただきたいという思いがあります。

煙力公式ホームページ: https://www.kemuriki.jp/

煙力FCホームページ : https://kemuriki-fc.com/

■長野県松本市と愛知県岡崎市に年内にFC2店舗の出店も決定

実際にコロナ禍での課題に直面し、煙力フランチャイズに対するお問い合わせも増加しております。直近では、2020年2月25日に愛知県岡崎市に、2020年4月に長野県松本市にオープン予定となっております。

■会社概要

社名  :株式会社CREAFE(クリエイフ)

創業  :昭和51年10月

代表者 :代表取締役 宇佐美 祐介(うさみ ゆうすけ)

所在地 :〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目6番27号 EBSビル7F

事業内容:飲食店の経営 飲食店運営に関わるコンサルタント事業全般