ジェクシード、NetSuiteの効果的な活用オンラインセミナーを開催NetSuiteを活用している大手製造業の事例の紹介とともに中小規模向けのSuiteSuccessによりERPのクラウド化を支援

株式会社ジェクシード(本社:東京都千代田区、代表取締役:野澤裕、以下「ジェクシード」)は、日本オラクル株式会社(以下「オラクル」)の協力を得て、クラウドERP「NetSuite」の効果的な活用方法を大手製造業の事例を基に紹介するとともに、中小規模の企業で多く採用されている「SuiteSuccess」による短期間での導入方法について、紹介するセミナーをオンライン形式で2020年11月18日(水)に開催いたします。

【セミナー概要】
1. タイトル:なぜ「NetSuite」は、幅広い業種、大手から中小規模までの成長企業に選ばれているのか?
  ~大規模プロジェクト事例と短期導入SuiteSuccessから学ぶ効果的な利用方法~
2. 開催日時:2020年11月18日(水) 15時00分~15時45分
3. 開催形式:オンライン会議形式
4. 概  要:
 働き方改革、スピード経営、グローバル対応などの必要性から、クラウド活用の波はERPの分野にも押し寄せてきています。日本国内でも多くの企業が「クラウドERP」へ移行を進めている中でも、「NetSuite」は幅広い業種、あらゆる規模の成長企業の多くから選ばれています。
 本セミナーでは、NetSuiteを導入した大手製造業の事例を用い、効果的な活用方法を紹介します。また、中小規模の企業で多く採用されている「SuiteSuccess」、20年間の導入経験を結集して創り上げられた導入方法論による短期間での導入方法についても解説いたします。
5. 対 象 者 : CEO,CTO,CIO,経営企画,情報システム部
6. 定  員 : 30名様
7. 参加費用: 無料
8. 申込期限: 定員になり次第締め切り
9. 申込方法: 下記URLをクリックし、お問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
https://www.gexeed.co.jp/info/20201118/

【講演プログラム】 ※講演の順序・時間が変わる場合がございます。
1. 開会のご挨拶  15:00~15:05
2. クラウドERPを効果的に利用できるSuiteSuccessのご紹介    15:05~15:20
<講演者>
日本オラクル株式会社 NetSuite事業統括 ソリューション・コンサルティング本部
フィールドソリューション部 部長 窪倉 克彦 氏
<講演概要>
20年以上にわたり業界トップクラスのクラウドERPであるNetSuiteにより企業の課題解決に対して包括的にアプローチを行い、導入期間を短縮しビジネスの効率性や柔軟性を向上させビジネスの拡大に貢献できるSuiteSuccessをご紹介いたします。
3. NetSuiteの活用により、業務の効率化・標準化を実現した事例  15:25~15:40
<講演者>
株式会社ジェクシード ソリューション本部
シニアマネージャー        宮嶋 徹 氏
<講演概要>
NetSuiteのワークフロー機能による電子承認、WEB受注機能による受注管理業務の効率化など、NetSuiteの活用により業務の効率化・標準化を実現 する方法を大手製造業様の実例をもとにご紹介いたします。

4. オンライン相談会とアンケートのご案内  15:40~15:45

◇ジェクシード 会社概要
会社名         株式会社ジェクシード
本社所在地       〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目17番地11
ホームページ      https://www.gexeed.co.jp/
事業内容        トータルコンサルティングサービスの提供(ビジネスコンサルティング、ITコンサルティング、アドバイザリーサービス、人事コンサルティング)、および、 コンピュータソフトウェアの販売、カスタマイズ、導入・運用支援など
ジェクシードは、これまで24年以上に渡り、業種・業態を問わず150社以上の企業に対して、ERPやHCMソリューションの導入・運用支援を行って参りました。企業における様々な課題を解決する「ベストパートナー」として、IT技術を活用し、お客様の成功のための「課題解決型コンサルティングサービス」を提供しています。

◇ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社ジェクシード 経営企画室
Tel:03-5259-7010 Mail:press at gexeed.co.jp (atは@に置き換えてください)

プレスリリースのお届け先のご変更・追加、また今後の配信方法のご変更(電子メール・FAX)に関しては、上記お問い合わせ先までご一報賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
各社名や製品名、サービス名、商品名・(R)表記の名称等は各社の商標または登録商標です。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。