日本最大級のセキュリティ国際会議CODE BLUE、全講演者を発表 ~10月29日・30日開催、2020年は完全オンライン~

CODE BLUE実行委員会は9月17日、日本発のサイバーセキュリティ国際会議CODE BLUE(2020年10月29日-30日の2日間、オンライン開催)の全講演者を発表しました。

CODE BLUE 2020 オンライン

本年はコロナ禍でオンライン開催となりましたが、“人が集えない時だからこそ”とのトップスポンサーの強い要望により「参加費無料」で開催させていただきます。参加希望者は「Peatix」にて事前登録受付中です。

本年は、国内外のコミュニティ活動も巻き込むべく「Call for Community」として参加応募を現在受け付けています。

Call for Community: https://forms.gle/aHhEmYHdipFYSKpv9

また、CODE BLUE CTFは今年も開催いたします。予選は9月19日から開催するTokyoWesterns CTF 6th 2020です。上位10組が本戦であるCODE BLUE CTFに参加します。

CBCTF公式サイト: http://ctf.codeblue.jp

【全講演リスト】

■基調講演

・脆弱性調査をサポートするためのサイバー犯罪法の改正。英国の経験とその後

Audrey Guinchard – エセックス大学法学部 上級講師

・(後日公開)

Russ Rogers – マイクロソフト 検知レスポンスチーム シニアコンサルタント

■特別講演

・デジタル・ソーシャル・イノベーション

Audrey Tang – 台湾行政院 デジタル担当

<メイントラック:ジェネラル>

●Operation Chimera – APTオペレーションは半導体ベンダーをターゲットにする

Chung Kuan Chen, Inndy Lin, Shang-De Jiang

●虚偽情報は真実よりも魅力的か?:ソーシャルメディアにおける虚偽情報の拡散を低減する

鈴木 悠

●IoTセキュリティとネットワーク(仮題)

吉岡 克成

●サイバーセキュリティのための同盟力

Kenneth Geers

<メイントラック:テクニカル>

●馬鹿なことはしないで -それはただの電球です

Eyal Itkin

●Lamphone:電球の振動からのリアルタイムな受動的音声復元

Ben Nassi, Yaron Pirutin, Adi Shamir, Yuval Elovici, Boris Zadov

●機械学習インフラストラクチャの脆弱性

Sergey Gordeychik

●DeClang:ハッキング対策コンパイラ

Mengyuan Wan

●リバースエンジニアリングの考古学的アプローチ:複数のバージョン、複数のデバイスをリバースエンジニアリングして、複雑なパズルを組み立てる

Shlomi Oberman, Moshe Kol

●Kr00k:深刻な脆弱性が数十億以上のWi-Fiデバイスの暗号化に影響

Robert Lipovsky, Stefan Svorencik, Milos Cermak

●Pwning OT:目からウロコの世界

Ta-Lun Yen, Chizuru Toyama

●Reflex:パーサーをくれ、トークンジェネレーターをあげるから

Paolo Montesel, Mario Polino, Stefano Zanero

●SOARによるセキュリティ監視業務の効率化とSecOps

水谷 正義

●説明可能な悪性ドメイン診断 – Explainable malignant domain diagnosis –

谷口 剛

●Drones’ Cryptanalysis – Detecting Spying Drones

ドローンの暗号解析-スパイするドローンの検出

Ben Nassi, Raz Ben Netanel, Adi Shamir, Yuval Elovici

●Frakenstein – フルスタックファジングによる組み込みファームウェアとAndroidのバグの発見

Jan Ruge

●ファイルシステムファザーを使用したカーネルエクスプロイトのハンティング

Donghee Kim, Seungpyo Hong, Wonyoung Jung, Heoungjin Jo

<メイントラック:法律&政策>

●国境を越えたデータへの法執行機関のアクセス:提案されたEU e-Evidence規制の国際的な範囲

Anna-Maria Osula

●Privacy Shield後の生活 – データ転送法は世界のビジネスを止めるか?

Jonathan Armstrong

●東アジアとヨーロッパにおけるプライバシー保護とデータ侵害インシデント対応規制

Joy Ho, Vic Huang

●コンピュータ犯罪者を守る

Andrea Monti

●Webはワールドワイドだが政治はローカル:Balkanizingインターネットを生き残るための組織計画

Mei Nelson

●脅威インテリジェンスによる中国の情報操作の分析

Che Chang, Silvia Yeh

<メイントラック:サイバー犯罪>

●10万ドル相当のビットコインウォレットを盗んだのは誰か – 新しい詐欺的な餌で全員捕まえよう

Tan Kean Siong

●不正なQQコミュニティ:何が共有されている?

Aaron Shraberg

●私はトム:企業ネットワークにおいてAPTアクターがその内部で移動する方法

Aragorn Tseng, Charles Li

<メイントラック:U25 25歳以下>

●Microsoft RPCおよびCOMでのCross-Server Xrefsの自動ハンティング

Sai Cheng, Yongqing He, Zhiming Wang

●Ethereum 2.0のセキュリティ

Naoya Okanami

<Bluebox>

●Cryfind:バイナリ中の暗号化アルゴリズムを識別するツール

Wei Chieh Chao

●Apk-medit:rootとandroid NDKの必要ないAPKのメモリ検索とパッチツール

小竹 泰一

●LogonTracerv1.5 + Elasticsearch=リアルタイムADログ分析システム

朝長 秀誠、喜野 孝太

<OpenTalks>

[単独講演]

●なんでこのポート、空いてて外から触れるようになってるの?~DevとSecの大きなギャップについて~(仮題)

近藤 学 – 株式会社パロンゴ 代表取締役社長

●これだけは押さえておきたい ゼロトラストアーキテクチャ再入門

角丸 貴洋 – 日本電気株式会社 サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センター マネージャ

●ゼロトラストセキュリティを考える~開発者の在宅勤務率を90%にする中で見えたこと~

佐藤 雄一 – NTTデータ先端技術株式会社 – セキュリティ事業本部セキュリティコンサルティング事業部 コンサルティングサービス担当 チーフコンサルタント

[インタビュー・対談]

●企業におけるサイバーセキュリティ向上~ビジネスの強化、リスク削減と効率性の向上にセキュリティレーティングを活用~

斉藤 宗一郎 – 株式会社資生堂 CISO

Mathew Cherian – BitSight Technologies. VP & GM, Security Performance Management

土井 剛 – MS&ADインターリスク総研株式会社 サイバーリスク室長

【CODE BLUE CTF 概要】

日時  :後日公開

場所  :オンライン開催

概要  :日本のトッププレイヤーが主催する世界唯一のCTF「ブルズアイ」を開催

参加資格:2020年9月19日(土)~9月21日(月)開催の

     TokyoWesterns CTF 6th 2020の上位10組

TokyoWesterns更新情報: https://twitter.com/tokyowesterns

公式サイト      : http://ctf.codeblue.jp

■CODE BLUE 2020 オンライン開催概要

日時    : 2020年10月29日(木)~10月30日(金)日本時間の日中開催

会場    : オンライン(視聴方法は事前登録者に前日までにご案内)

主催    : CODE BLUE実行委員会

運営    : 株式会社BLUE

参加費   : 無料

事前参加登録: Peatixから事前登録

        https://cb2020.peatix.com/

その他   : 日英の同時通訳付き(※一部講演を除く)

SNS     : [Twitter] @codeblue_jp

        [Facebook] https://facebook.com/codeblue.jp

公式サイト : https://codeblue.jp/

■スポンサーシップ(ご協賛)の募集

CODE BLUE 2020 オンラインではご協賛いただける企業様を募集しております。ご検討いただける企業様については、後日資料を送付させていただきますので気軽にお問合せください。

【CODE BLUE スポンサー問合せフォーム】

https://forms.gle/FXkyrCWa4f4J5knS8

<現在の協賛企業(順不同)>

パナソニック株式会社

株式会社日立システムズ

株式会社パロンゴ

株式会社CyCraft Japan

MS&ADインターリスク総研株式会社

日本電気株式会社

Onward Security

NTTデータ先端技術株式会社

株式会社インターネットイニシアティブ

Team T5 Inc.

PwC Japanグループ

株式会社ラック

株式会社電通国際情報サービス

LINE株式会社

ココン株式会社

株式会社イエラエセキュリティ

楽天株式会社

グリー株式会社

株式会社セキュリティイニシアティブ

任天堂株式会社