【最大34% OFF】出張時などビジネスシーンに最適な、次世代のスマートスーツケース「Benga H1 Hybrid」をクラウドファンディング開始!

株式会社Gloture(本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI) は取り外し可能なラップトップケースがついた「Benga H1 Hybrid」スーツケースのクラウドファンディングを本日より開始いたします。

 

キャンペーン期間 2月26日~3月31日
プラットフォーム GREEN FUNDING
キャンペーンURL https://greenfunding.jp/lab/projects/3520

 

 

 

これは便利! スムーズに機内搭乗できる進化したスーツケース
● 使いたいとき、すぐに取り出せるラップトップケース
● 34.8リットルで機内持ち込み可能
● 重さわずか2.6kg
● ダブルロック機構で安心(TSA対応)
● 360度回転するスムーズな車輪
● BAYER開発 高性能ポリカーボネイト素材「Makrolon」採用

一度買ったら、壊れるまで同じデザインのものを使う…今までのスーツケースはそうでした。
でも「Benga H1 Hybrid」(ベンガ エイチワン ハイブリッド)なら、一つのスーツケースで様々なシーンに対応できます!

使いたいとき、すぐに取り出せるラップトップケース

スーツケースにパソコンを入れると、取り出したいとき、一度床に荷物を広げなければいけません。
でも、「Benga H1 Hybrid」ならそんな手間はなし!
ケースを立てたまま、簡単にパソコンを出し入れできるだけでなく、手荷物検査の際はラップトップケースだけを取り外せば、簡単にゲートをくぐることができます。
もちろん、手荷物検査の際に、スーツケースを広げて行列の迷惑になるなんてことはありません。

ラップトップケースにはMacbook 15インチを収納できる十分なスペースがあります。

 

 

ダブルロック機構で安心(TSA対応)

一つのロックでラップトップケースとスーツケースの両方をしっかりと施錠。ちょっとした動きですぐに外れてしまう…なんてことはありません。TSAに対応しているため海外旅行・出張にもお使いいただけます。
 

 

 

静かなキャスター、360度回転する滑らかな走り

今やスーツケースに欠かせない、静かなキャスター。
もちろん、「Benga H1 Hybrid」にも備わっています。
車輪は360度回転するため飛行機内の狭い通路でも楽々持ち運びできます。
 

荷物がしっかり入る34.8L

1泊〜3泊の渡航であれば、入れたいものがしっかり入る丁度よいサイズのスーツケース。
大きさも54×35×20cmで、機内持ち込みにも対応します。
パソコンなど、大切なものを入れるからこそ、持ち運びやすく、たくさん入るデザインにしました。
 

BAYER開発 高性能ポリカーボネイト素材「Makrolon」採用

科学の進歩が高度なエンジニアリングを可能としました。
Benga H1 HybridスーツケースはBAYER社が開発した、特性の優れたMakrolon ポリカーボネイト素材を使用。Makrolonポリカーボネイトは軽量でありながら驚異的な高耐久性と強度を誇ります。
 

製品仕様

Bengaについて

【3世代に渡るスーツケースづくり】
Bengaはスーツケースの製造において、3世代に渡る50年以上の経験をもとに先進的なスーツケースのデザインを実現しています。1951年に革製造業に参入して15年後、アンドレアス・クリストフィは最初の小さな工場を開設しました。革新的なデザインと洗練された職人技がその後に続き、事業の拡大とともにブランドが世界的に認知されました。

Bengaのモットーは、シンプルさに美が宿ることにあります。Bengaのスーツケースは、時代を超越した美貌を持ち、旅行体験を楽にする機能がぎっしり詰まっていますが、利便性を低下させるような不要な機能はなるべく省いています。その結果、洗練された耐久性のある製品が生まれました。