薩州浜田屋伝兵衛 本格芋焼酎「薩州 三國志」、2020年4月発売!

薩州浜田屋株式会社(本社:鹿児島県いちき串木野市、代表取締役社長:浜田雄一郎) は、株式会社コーエーテクモゲームス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:鯉沼久史、 以下:コーエーテクモゲームス)の人気ゲームシリーズで、今年発売35周年を迎える「三國志」シリーズとのコラボレーションを行うことで合意し、本格芋焼酎「薩州 三國志」を2020年4月に発売いたします。※薩州浜田屋株式会社の「浜」の字は旧字体です。

【薩州 三國志】化粧箱と徳利(監修中)

コラボ化粧箱のデザイン(左)と赤兎馬をイメージした徳利デザイン(右)※監修中

当社は、本格焼酎「赤兎馬」シリーズを主力ブランドとして展開しており、本格芋焼酎「薩州 赤兎馬」「紫の赤兎馬」や、「赤兎馬 梅酒」「赤兎馬 柚子」などのリキュールを全国に展開しているほか、2018年には、本格麦焼酎「呂布(りょふ)」の販売を開始いたしました。この度のコーエーテクモゲームスとのコラボレーションで、長年「三国志」にちなんだ商品を世に送り出し続けてきた両社のブランドが融合することになります。これにより、時代を越えて愛される三国志と、両社の商品の魅力がさらに浸透することを期待しております。「薩州 三國志」の発売日など、詳細については、後日発表予定です。

赤兎馬スペシャルサイト:https://www.sekitoba.co.jp/

『三國志14』公式サイト:https://www.gamecity.ne.jp/sangokushi14/

【薩州浜田屋伝兵衛「薩州 赤兎馬」シリーズについて】

「赤兎馬(せきとば)」とは、中国の後漢後期から三国時代(魏・呉・蜀)にかけての争乱を描いた「三国志」の中で、「人中の呂布、馬中の赤兎」と称えられ、「一日に千里を走る」という名馬。赤兎馬の一駆けのように、流麗で力強い本格焼酎として、2001年に誕生。以来、焼酎ファンのみならず、三国志ファンに愛され続ける薩州浜田屋伝兵衛の主力ブランドとして全国に名を馳せている。

【薩州 赤兎馬】商品ロゴ

(本格芋焼酎「薩州 赤兎馬」ロゴ)

【歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズについて】

株式会社コーエーテクモゲームスが開発、販売する歴史シミュレーションゲームシリーズ。第1作は1985年に発売。2020年でシリーズ35周年を迎える。プレイヤーは三国志に登場する君主や武将となって戦闘、内政、外交などを行い、自らの勢力による中国大陸統一を目指す。2020年1月16日には、最新作『三國志14』を発売する。ゼネラルプロデューサーは、シブサワ・コウ氏。

【三國志14】メインビジュアル

(『三國志14』メインビジュアル)

イラスト/日田慶治

Ⓒ2020コーエーテクモゲームス All rights reserved.

【お問い合わせ先】

(本格芋焼酎「薩州 三國志」について)

薩州浜田屋株式会社 お客様相談室

電話:0996-21-5260

e-mail:info@sekitoba.co.jp

※月~金 9:00~17:00(土・日・祝祭日・休業日除く)

(歴史シミュレーションゲーム「三國志」について)

コーエーテクモゲームス ユーザーサポート

電話(ナビダイヤル):0570-00-3594

※PHS、一部のIP電話でのご利用は 045-561-8181

※月~金 10:00~17:00(土・日・祝祭日・休業日除く)